牧野植物園(高知)行ってきました

こんにちは!

こころとからだのライフステージが変化する大人女性へ、香りと温めのナチュラルケアをお届けしているウエダカオリです。

夏至を迎えて、今年も折り返し地点。 早いですねー。

もう1カ月も前のことなんですが、5月の終わりに、高知、香川、徳島を巡る、一人旅をしてきたんです。

​一人旅って、いつぶり? 振り返っても、もう思い出せないくらい前(笑)。

​​

あちらでは、友人でもある、香川在住の自然療法士さんと合流して、二人で巡る時間を楽しんだり、一人の時間も、有意義に過ごせて。

気持ちのいい時間を心から楽しめた旅でした!

今日は、その旅で訪ねた、牧野植物園(高知)のお話をお届けしようと思います。​

植物園や、牧野博士、そして、旅の効能(!)。​

良ければ、読み進めてみてくださいね。

​​

早速ですが、この牧野植物園のこと、ご存じでしたか?

​牧野植物園(高知)

​この植物園は、昨年の朝ドラ「らんまん」の主人公で、植物学者 牧野富太郎博士に
ゆかりある植物園。

​高知市の五台山の中にあり、お遍路の札所の一つ、竹林寺に隣接しています。​そのため、植物園の中にもお遍路道があるんですね。​もともと道があったところに、植物園が出来たんですって。​四国ならでは!

見やすい園内、植物も元気!

​植物園の正面ゲートへ向かうアプローチからもう、丁寧に植物の案内板が設置されていて、あれも!これも!な感じで、なかなかゲートにたどり着けない。笑

​ようやく園内に入ってみれば、広大ながらも、見やすいし、歩きやすく整備もされています。

何よりね、​植物がとても元気!! ​瑞々しくて、葉もぷっくり、ツヤツヤ!

​植物のお世話は、職員の方や、ボランティアさん、ということでしたが、居心地よさそうに根付いている植物を見ていると、「愛されて育ってるなぁ!」って、つい、声を掛けたくなってしまう。

​これだけでもう、いい空気に包まれてる、って、自然に感じられるんですね。

​これ、とても大事なことだと思うんですよ。

​​写真は、温室で出会った、イランイランの花。

まだ咲き始めたばかりのようで、花が淡い緑。これが徐々に黄色に変わります。

こうして、日々、植物の様子も変わり、行くたびに何かに出会える。

​近くに住んでたら、絶対、年パス買って通うんだけどな。

​​

屋内の展示も見逃せないよ

​こちらは、博士のお城。仕事場です。​ご本人もいらっしゃって(笑)、この再現、リアル過ぎません?

​ほお!と思ったのは、

​博士が考案された「生かし箱」。(↑写真の手前左に写っているガラス箱)

​”採取してきた植物を、じっくり観察するために数日生かしておきたい。”

​そう思われた博士が、試行錯誤して作られた箱なんだそうです。

今見ると、あまり特別感を感じるような箱ではないですが(スイマセン)、当時はこういった道具一つ一つ、考えて、作らなくてはいけなかったのでしょうね。

​また、

積み上げられた標本の束は、博士が植物採取に向かわれた各地の新聞紙が使われています。

​これも、当時の時事を知るうえで、貴重な資料になっているそうです。

​牧野博士が生まれた頃は、日本も、世界も、大きく動いた時代!

​ペリー来航

坂本龍馬が脱藩

ダーウィンが進化論

メンデルの遺伝の法則、発表

​​

うわー、

竜馬が脱藩したころかぁ!と、びっくり。時には歴史を俯瞰。目線が変わって面白い!

​好きなことを極め、貫きとおす!

​牧野博士の偉業は、ここで改めて書きませんが、

​衰えることない植物愛と植物への探求心を貫いて、94歳でお亡くなりになるまで、全国各地を飛び回り、膨大な数の植物標本を制作されたそうです。

​人生通して、ご自身の「好き!」を貫いた。 この一言に尽きますよね。

​その生き方に重なるのが、アロマテラピーや自然療法を学び始めたころからの、恩師のことば。

“好きなことしか、やっちゃいけないのよ”

​博士の生涯を辿りながら、恩師のその言葉が、なんども頭の中に浮かんできたのです。

大切にするものや、追いかけるものは違っても、その気持ちを持ち続けたい!と、改めて思ったのですよね。

​わたしも、自分の「好き」を追っかけて、香りの智慧を探求し続けたい!エンドレスで!!(笑)

​楽しくて、軽くなって、満たされた。 旅って、やっぱりイイなー。

​日常から離れて、多くの体験を与えてくれて、こころの風通しまで良くしてくれるんですから!​

すばらしい旅の効能‼

​​

快く「行っといで!」って送り出してくれた夫と子供にも感謝。お礼を伝えて、ギュッとハグ。ありがとうね。

さて、つぎはどこへ行こうかな。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!