アロマセラピー

アロマセラピー Aromatherapy

植物の香りに 手をそえて​

アロマテラピーは、ハーブ療法、フラワーレメディ、ホメオパシー等の自然療法・民間療法の1つ。芳香療法ともいわれ、「香りがある」ことが最大の特徴です。​

​アロマテラピーでは、植物の花や葉、果実、根、種子などから抽出される天然100%の香りのしずく「精油」を使います。

精油には植物の生命力あふれるちからがギュッと詰まっていて、その豊かな香りと有効成分は、私たちの嗅覚、呼吸、皮膚から吸収され、からだが本来持っている様々な働き(自律神経、ホルモンバランス、免疫機能や生体リズム)を整える力を呼び起こし、健やかなこころとからだに導いてくれます。

nanaflorでは、この精油と植物オイルを用いたオイルトリートメントをお届けします。

● 日々のストレスケア ● 滞りを流す ● からだの強張りを緩める ● 緊張や不安を和らげる ● 不眠 ● 月経リズムを整える ● PMS・更年期症状を和らげる

など、リラクゼーションを目的としたものですが、いろいろなプラスの変化も感じていただけます。

トリートメント後のお客様の晴れやかなお顔と瞳の輝きは、どなたも、いつも、印象的。

*当サロンのトリートメントは治療ではありません。 大切にしていることを、いくつか。

深い呼吸へのみちびきで、睡眠の質を高めます

長いマスク生活、緊張、不安、PC仕事やスマホ、姿勢が悪かったり、運動不足などで、呼吸が浅い方が多いです。

そのため、ゆったりしたリズムのトリートメントで、深い呼吸へのみちびきを大切にしています。しっかり呼吸が出来ていると、代謝が上がり、血液循環もよくなり、身体も温かくなります。

また、呼吸は睡眠にも影響しているため、睡眠の質も上がります。トリートメントを受けながらぐっすり入眠される方もいますし、夜いつもより深く眠ることができ、翌日の目覚めがとても良かった等、お声を頂きます。

呼吸と睡眠は、運動と食事とともに健康のための4大要素。これらが整うだけで、変化が生まれます。

面の圧で、からだの中を流して動かす

nanaflorのトリートメントは、手のひらを密着させておこなう手技が中心。面による程よい圧が、リンパや血液の流れを促していきます。

ギュウギュウ押したり圧をかけなくても、代謝はしっかり進みます。消化器系の動きも活発になり、むくみや滞りもすっきり。

水分を欲したり、ガスがでたり、トイレが近くなりますが、それは代謝が進んでいるサインです。

こころと香り

精油の香りは優しく穏やかで、ぐいぐい押し入るわけでなく、にじみ絵を描くように、すーっと、こころに染み込んでいきます。

時にはほろりと涙が出ちゃうこともあります。 

無性に話したくなって、施術中ずっとおしゃべり、なんてこともあります。

大丈夫。どうぞ、こころのままにお過ごしください。

香りを選ぶときは、精油の働きもお伝えしますが、基本は「ずっとこの香りがそばに欲しい」「この香り好き」という、ご自身の感覚を大事に選んでください。

タッチング – 懐かしいお手当ての記憶

子どものころ、痛かったり悲しかった時、風邪をひいてしまった時など、お母さんやお父さん、家族のだれかが「よしよし」と手を当てて、優しくいたわってくれたこと。きっと記憶のどこかにあると思います。

手のひらから伝わる、温もり、リズム、安心感。お母さんお父さんの優しい手を思い出して。

マタニティ期にも、こころ休まるトリートメントを

nanaflorのマタニティトリートメントは、クッションで身体を支え、横向きで受けて頂く施術です。この施術スタイルは、うつ伏せや仰向けの姿勢がお辛い方にも向いています。 マタニティ期は、香りに対して敏感な時期なので、精油を使わずにトリートメントすることも可能です。どうぞその日のご様子に応じてお知らせください。

マタニティ期間中、骨盤が動き出すことで、背中や腰のこわばりが出てきたり、下肢のむくみがでてきたりと、赤ちゃんの成長とともにお母さんの身体にも変化が出てきます。不安やイライラ、気持ちの面でも変わってきます。そういう時は、自分だけの時間を作って、ゆったりと過ごすことも大切。

どうぞトリートメントに身体をゆだねて、心地よくお過ごしください。

*妊娠20週を過ぎ、経過が順調で定期検診を受けられている方が対象となります。