八ヶ岳南麓 大泉高原 香りと手当て アロマリラクゼーションサロン nanaflor* ナナフロール
Img_3a23192a508246b7f66f33a02790a689
2014年、あけましておめでとうございます。
今年は元日と新月が重なるという、事始めには「この日!」というような一年の幕開けでした。

旧年中は、常連のお客様にも大変お世話になり、また、新しいお客様との素敵な出会いもあり、みなさまのおかげでセラピストとして幸せな一年を過ごさせていただきました。改めて旧年中のご厚意に心から感謝申し上げます。

昨年を振り返ると、マタニティという新しい領域の学びもあり、nanaflor*にとって、これから育む一つの柱の礎を得た一年でもありました。そしてホテルのサロンヘルプやイベントへの参加など、ハードなことも楽しいことも経験し、さまざまな方面からセラピストとしての成長を支えてもらった一年でした。

特に学びながら感じたことは、アロマとボディーワークの結びつきをもっと深く掘り下げて、自然療法としての認知や理解を得て活用してもらいたい...ということ。提案の方法や、施術スタイル・内容など、今の自分の引き出しにあるものを見直し、それらをもっと豊かに成熟させられるための努力と学びを重ねていきたいと思います。歩む先は長いけれど、一歩一歩を大切に味わい、栄養に変えて、お客様に届けられるように。新し年を迎えたnanaflor*と私の大きな抱負です。

そしてもう一つ、大切にしたいと思ったこと。それはセラピストの友人が伝えてくれた一言です。セラピストという私たちの仕事は、「手に心を乗せられる」仕事だということ。本当に素敵な仕事をさえてもらっている私たち・・・ この仕事に愛情と誇りをもって、改めて向かいあいたいと、強く感じました。新年の光とともに胸に響く言葉を届けてくれた友人に感謝です。

写真の富士山は昨年の元旦に撮った富士山です。
新しい年も変わらず、雄大に私たちを見守ってくれている自然に心からの敬意をこめて。


新しい年2014年も、皆様にとって幸多き年になりますように。

本年もnanaflor*をどうぞよろしくお願いいたします。

Img_334cb053410a10be77f3f1e49a33e9e8
昨年末に大泉に出来た、中国茶と点心のお店、
Chinese Tea Cafe qilin(チーリン) (Click!) 
お正月がひと段落したので早速行ってみました。

既に何度もランチタイムに足を運んでいる友人たちから、お茶やお料理の情報など伝わってきていて、美味しい!と評判のお店。八ヶ岳に中国点心のお店って無かったので、カフェ好きの人たちには新たなチョイスが加わりましたね! 

ランチメニューは、中国粥に、点心3種類と、中国茶、ミニデザートが付きます。点心は皮がプリプリ&ジューシー♪ 中国茶はお湯をポットでサービスしてくださるので、お茶も十分にいただけます。この日のデザートは、杏仁豆腐。ライチのシャーベットが粉雪のように振り掛けてあって、美味しさも、その組み合わせも、凄く良かったです。大満足!

点心の単品メニューもあるので、点心をいくつかオーダーするパターンも魅力的だし、ミルクチョコレートケーキや胡麻団子など、デザートも美味しいものが揃っているので、ティータイム利用もオススメです。

八ヶ岳界隈の人たちの口コミの速さは驚くほどに早くて、ランチタイムは混んでいます。しばらくはご予約されて行かれたほうが良さそうですよ。

qilin チーリンとは「麒麟」だそうです。今気づいちゃいましたが、スペイン語風に読むとそのまま「キリン」だった・・・☆ 

チーリンは、nanaflor*から歩いて10分くらいのところで、余裕のお散歩圏内。お客様にご案内できる素敵なカフェが近くに出来て、とても嬉しいです!


Img_a72ec28cf11de07cb6a1a78a62fffca0
先週は新年初めてのお客様をサロンにお迎えし、nanaflor*の2014年も無事スタートしました。

トリートメントに使わせていただく香りは、その日のお客様のご様子やお身体の様子に合うものをピックアップして試香頂き、その中からブレンドを作らせて頂いています。女性はホルモンのバランスでも香りの感じ方が変わりますし、昨日と今日、今日と明日の身体の様子も同じではありません。だから、なるべくその時の状態に最適なものをご用意させていただくようにしています。

でも、こんな形も素敵だなと思います。

それは、一番お気に入りの香りを、いつも単独使用でリクエストしてくださるお客様。ブレンドせずに、一つの香りだけをじっくりと味わいたいという、この方のチョイス。それはご自身に必要なものをよくご存知だからこその選択だと思うからです。

アロマセラピーを始めたころの私にも、同じように、いつも傍に置いておきたい、という香りがありました。それはゼラニウム。そしてこの数年の間の私のお気に入りは、パチョリに変わりました。アーシーで墨汁のような落ち着きと深みのある香りがとても心地よくて、つい使いたくなってしまいます。振り返ってみると、その時の体調やストレス、生活環境の変化など、求める香りが変わってきた理由に当てはまるようなキーワードに思い当たります。

時間や環境の変化、ご自身の変化に応じて、使いたいな、と思える新たな香りがこの先きっと出てくると思います。その時、そのお客様が選ばれる香りはどんな香りなるんだろう?と、ちょっと未来を想像して、わくわくしています。




Img_1532aea0b63ad56a63d3f23246bd04eb
この連休は、寒波の只中でしたが、幸いにも八ヶ岳は晴天続き。日中は温かな日差しが家の中に差し込んでくるので、外の寒さがウソのよう・・・。日本海側の雪国育ちの私には、八ヶ岳の冬のお日様の光が本当にありがたく感じられます。いくら気温が低くても、お日様がでていれば身も心も温めてくれる気がして。お日様の力って凄いなぁと思います。

土曜は初釜で、社中でお年賀のご挨拶を交わし、久しぶりに懐石料理をいただいてきました。

着物は母が私より少し上の歳の頃に仕立てたという附下を借りました。無地の雰囲気もあって、お茶の席にはぴったりの附下。母らしい色合いの着物です。久しぶりに二重太鼓を結び、着崩れないようにといつもよりもギュッと締めたので、食事後がお腹いっぱいになりすぎて少々大変でした。たくさん食べるとわかっているときは、やっぱりちょっと緩めがいいかも・・・^^;

今年はお茶のお稽古にもっと着物を着て行こうと思っています。やっぱり着物を着ていると、洋服とは所作が変わるんですよね。袂があったり、帯があったり、懐に仕舞うべきものもあり。洋服だと、動きやすい分、大きく動きすぎてしまったり、身の動かし方が雑になったり。美しい所作に身のこなし、着物を着なくては身にもつかないよなと。今年の抱負のひとつです☆


Img_d98a1845932e0c250d9f7e659a0b3c99
遅めのお正月休みをいただいて、シーズン初のスキーに行ってきました。

ゲレンデはお天気も快晴で、青空と白い雪のコントラストが眩しいくらい。遠く北アルプスの連山も見渡せて、景色も抜群でした。いつも山で過ごしながらも、また山へ・・・ 同じ山でも、暮らしの場所から離れてみるのは大きな気分転換です☆


旅に出るときは、その時の気分で精油やオイルを持っていきますが、今回は、ティートリー精油を連れていきました。

私は山登りやスキーなど、強い紫外線を受けてしまうと、必ず唇にヘルペスができてしまうんですよね。長年自分の身体に付き合ってくると、出てくるタイミングというか、きっとこうなるな、ってことが予想できるので、もう慣れっこではあるのですが・・・ 決していい気分ではありません^^;。 今回は、出かける前から、「もしかして?」のムズムズ感があったので、ティートリーの免疫サポートと抗菌力の助けを借りました。おかげで酷くなる前に、ヘルペスは無事鎮火。年末年始の疲れ、意外に残っていたのかもしれません。

久しぶりに重労働した脚にも、早めのケアで筋肉痛の予防を。炎症を鎮めてくれるアルニカオイルをたっぷり塗って休んだら、お蔭さまで脚は筋肉痛知らず。対照的に、うっかり塗らなかった肩周辺はカチカチに(>_<)! こんなに違うとは、さすがアルニカ、良く働くなぁと感心・・・。今晩は肩にもたっぷりアルニカオイルを塗って、筋肉痛とオサラバしまーす!