八ヶ岳南麓 大泉高原 香りと手当て アロマリラクゼーションサロン nanaflor* ナナフロール
Img_833d7954112ed6e9d5a03ccf23ca65f3
東京でのシーズンオープン、無事終えてまいりました。

1年ぶりにお会い出来たお客様、
前回に続きご予約いただいたお客様。

こうしてお会いでき、私もとても嬉しく、
温かい時間を過ごさせていただきました。
ご利用いただき、本当に有り難うございます。

八ヶ岳に戻ってくると、
受けて頂いたお客様から、春のような温かなお葉書が。

拝見しつつ、心には太陽が生まれたような幸せ。
本当に嬉しい限り。有り難うございます。

今度は八ヶ岳で、またお会い出来ますように。


次回のシーズンオープン@東京は、GW明け頃に、と思っています。
また日程が決まりましたら、こちらにてご案内させていただきます。



啓蟄を過ぎ、八ヶ岳ではここ数日春のような陽気。
日差しも風も暖かくて、車も窓を開けてドライブしました。

春は直ぐそこまで来ているかな。

Img_ae314168ef75e41973c54a08efd17715
のんびり編み進めていた靴下が、やっと出来上がりました~☆

ああ、やり遂げた!って感じ。
我ながら、頑張りました(笑)。

早速、お試しはきしてみたけれど、とても温かいです♪ 


ターコイズブルーと紫に惹かれて手に取った糸には、
「雨の日の雨」という、素敵なタイトルがついています。

細い糸でなかなか編み進まなくて、
いつ挫折するかと多少の不安もありましたが・・・

こうして無事に仕上がってみると、妙に愛着が沸きますね。


靴下編み、なかなか面白いです。
糸がカラフルだと、そのおかげで編み方もシンプルでいいし、
ズボラな私向きかもしれません。



勢いにのって、2足目に突入してみまーす!




Img_c7e6aaf904573b2a4db62790937b0958
お友達のお庭にフキノトウが芽吹いたと聞いたので、
我が家のいつもの場所を見てみたら・・・

フキノトウの赤ちゃん、見つけました。

この暖かさが数日続いたら、
元気に開いてくれそうです。



天ぷら?
フキ味噌?

すぐに食べることにつなげちゃう私。

色気ないですねぇ。


Img_b1e80aa0213c3d095174a772a9bb8eb2
古民家のフレンチレストラン。
韮崎にもこんな素敵な場所がありました。

お茶のお稽古の席で話題になり、
皆で予定を合わせて、早速お稽古帰りにランチを。

素敵なしつらいに整えられた店内は、
京都の町屋レストランを思い浮かべちゃう。
落ち着いていて、ちょっと大人な感じ。

プレフィクスのランチコースを頂きましたが、
旬のお野菜、おいしいお肉、
一皿一皿丁寧に作られた様子が味わい深く伝わってくるお料理に、
食いしん坊の私たちは大満足!

地元のお野菜をはじめ、厳選された素材で作られる創作フレンチ。
シェフは3年前に東京から移られて、このお店を始められたそうです。

ランチタイムはあっという間に一杯になってしまったので、
知る人ぞ知る、という場所だったようです。


このお店に入れなかったら、
まわりに飲食のお店がないので2ndチョイスを探すのに大変。
行かれる時は、予約をされてからのほうが良いと思います。

集落の中の一軒家なので、お店を見逃さないように。
それも要注意です(笑)


レストラン ア・ラ・カンパーニュ (Click!) 


Img_e3121749eadd280a79c3cda68be791a3
春うらら~な陽気がつづき、気分も自然にウキウキしてきますね。
東京では桜の開花宣言。
今年の桜は随分早足でやってきました。

昨年10月から学び始めたマタニティケアも、
ようやっと、目標の半分を終えました。
座学のラストは、宮川先生の授業で、
相変わらず盛りだくさんな講義に
メモを取る手が休められませんでした(笑)。

もともと助産院からスタートした学校 (Click!) ということもあり、
妊娠期や産褥期の過ごし方、
良いお産を迎えるための身体作りや、
出産の体験談etc. ここならではのお話が盛りだくさん。
散歩の実習、というのもあったり(笑)。
「?」と思うけど、体験してみると、
ちゃんと「良い」という理由があるんだと、
色々と気づきもあり、なかなか面白い体験でした。

出産を経験されたクラスメイトは、
「もっと早くこんな事知りたかったなー」
と、しみじみな一言。

世間ではどんどん新しい情報が飛び交い、
時代毎に変化しているマタニティ指導ですが、
もっともっと昔の、シンプルな暮らしの中での養生の仕方、労り方が、
大きな軸になるのだなと感じました。


目標としたところまで、あともう少し。

マタニティケアにどんな形で寄り添っていけるか、
ゆっくりじっくり温めながら、次のステップを楽しみたいと思います。